妻の小遣い「なし」も実はよくない

奥さんも家族の一員です。
家計を預かる奥さんは、旦那さん以上に家計のことが見えています。

毎月の生活費はこれくらい、食費はこれくらい、貯金はこれくらい、旦那さんのお小遣いはこれくらいという具合に頭の中にできあがってしまっています。
その流れからつい自分のことは後回しにして、お小遣いをもらわないで生活費から必要な金額を出すという方も多いようです。

ここに問題が生じます、生活費の中から奥さんの必要なものを出すということで、生活費と奥さんのお金が混じりやすくなり家計全体が丼勘定になりやすく、
奥さんもどれくらい自分のために使っているのか把握しづらくなります。

一方普段お小遣いを渡されている旦那さんは、家計のことをあまり知ろうとしません、 自分の給料はわかっているので、そこから自分のお小遣いを引くといくら残る程度です。 後は奥さんが自由に使っていると思いがちです、実際はお小遣いを奥さんがもらっていなくてもそんなことは思いもよりません。

家事全般を奥さんだけがしているとすると、一説には年収1200万円に相当するとか
しかも家事は終わりのない仕事です、今日やったから明日はしなくていいものではありません。

そうしているうちに、家事をやっている奥さんの意識となにも知らない旦那さんの意識のあいだに大きな溝ができます。

この溝をなくすには、
お互いがコミュニケーションをとり、また家計と自分のお金をわけるためには、
奥さんのお小遣いをゼロにするのではなく、少額でもいいので定期的に奥さんがとれるようにした方がいいでしょうね。