お小遣い制を成功させるのは信頼

旦那さんのお小遣い制を存続させるのは、やはり奥さんとの間で信頼関係が大事になります。

家計を預かる奥さんにとっては、すこしでもお金を節約しようと、日々努力しています。
そんな奥さんにとっては、旦那さんのお小遣いは、やはり少しでも節約したいものの一つです。

でもお小遣いを渡される方の旦那さんにとっては、毎日家族のために働いているのにという意識がどこかにあります。

二人の意識は、そもそも根本的に違うので、 二人がよく話し合い、現在どれくらいのお金があり、どれくらい貯金ができて、どれくらいお小遣いに回せるのかという情報を共有しておかないといけません。

その情報を共有できないと、お小遣いが足りないと、自分はこれだけのお小遣いしかもらっていないのにとか、つきあいもへらしているのにとか、 好きなものもかっていないとかいろいろがまんをしているのに、という風に偏屈に旦那さんはだんだんなっていきます。

奥さんは、お小遣いをわたしているのに、いつも足りないといっている旦那さんに対して、使いすぎっておもうようになっていきます。

お互いに何にそんなにお金がかかっているのか、不信感ばかり募っていきます。奥さんがいくらうまく家計を預かっていても、ほんの小さな行き違いが、最悪の結果を招くかもしれません。お小遣い制を維持するには、まず情報の開示とその情報の共有をすることが大事になっていきます。それには、まず二人の間に溝を作らないこと、お互いが信頼をしていき、日頃からどんな細かいことも相手に伝えるコミュニケーションをよくとることが一番になります。